家族葬の人気の理由について

main-img

お葬式の形態が変わりつつある現代、人気が上がっているのが家族葬です。

少子高齢化、核家族化に伴い小さなお葬式を行う人が増えてきたことによります。



家族葬とは、家族や身近な親族、本当に仲の良かった友人など少人数でコンパクトに執り行うお葬式のことで、この形式のお葬式が現代の風潮に合っているのです。

故人に対する愛情や想い、感謝など同じ気持ちで送り出そうとしている人たちだけの集まりなので、その空間がとても温かく、愛にあふれたものになるのが特徴です。列席者に気を使う必要もなく、遺族が心行くまで故人とゆっくりとお別れできる時間を設けられることで、こころの整理がつきやすいというメリットもあります。

そして、故人の好きだったものに囲まれたり、みんなで思い出の写真を見ながら故人を偲んだり、好きだった音楽を流したりと、自由なお葬式を行いやすいという利点もあります。

そして、家族葬は費用面でも安く済むこともあるので、これも人気の理由の一つです。

現時点で最高の朝日新聞デジタルについて興味がある方にオススメのサイトです。

自分のお葬式に家族に負担をかけたくない、静かに見送ってほしいなどと自分からの遺言として家族葬をお願いする方も少なくありません。



平均寿命が延び、親族や友人、知人なども高齢化して、お葬式に行くことが困難になっている現状もあります。
そうした、背景を考えても家族葬は現代にぴったりと合うお葬式と言えます。


こうしたニーズの増加に伴って、小さなお葬式を提案する葬儀会社も増えてきています。

社会について思うこと

subpage1

家族葬を選ぶご家族が増えているものの一番悩むのは通知の仕方ではないでしょうか。お知らせの仕方によっては、誰もが来てもいいのかなと思ってしまうかもしれませんし、逆に来て頂きたいのに文面が読み取れずにもやもやとしたまま何事もなく終わってしまうという事もあります。...

more

知りたい情報

subpage2

増えつつある葬儀の形の一つである家族葬ですが、基本的に呼ばれない限りは参列することがありません。けれども故人とかなり懇意にしていたというようにこれまでの中で関係性が強かったりする時には、連絡を受けた時に参列の案内が来ることもあります。...

more

納得の真実

subpage3

メディアで家族葬の話題もよく見かけるようになりましたが、どのような葬儀を執り行っていくのか分からない方も多いでしょう。基本的な流れそのものとしてはこれまでの葬儀と変わりありませんが、文字通り参列する方が家族やその近しい人たちのみという範囲で限られてきています。...

more

みんなの常識

subpage4

葬儀の一つとして選択されることが増えた家族葬ですが、名前を聞いたぐらいで実際にはどのようにしていけばいいのか分からないという人も少なくありません。喪主なのか弔問する側なのかでも変わってきますが、大まかにでもどのような葬儀で、マナーはどうなっているのか知っておくのは悪いことではありません。...

more