胃カメラを楽に受けられる方法

by author



自分の体であるのに体内の様子はわかりません。

知らない間に悪い病気に蝕まれていても自覚症状が出るまでは病院に行かない人も多いのですが、癌などは症状が出てからではずいぶん状態が悪くなっている場合が少なくありません。

また他の病気にしても軽いうちに治療すると早く回復するのです。
それで最近は、病気があっても早期発見、早期治療ができるようにと定期的な健康診断が推進されているので、健康診断を受ける人も増えています。健康診断の項目には体重、身長などのほかに血液検査、心電図、胸部レントゲン、尿検査、便潜血などが基本的な検査としてあり、胃に関してはバリウムで胃透視をするか胃カメラで胃の内部を詳しく観察してもらうかのどちらかを選ぶようになっています。

びまん性脱毛の治療の口コミ情報を掲載しています。

しかし先に胃のレントゲンを選んでも、もし異常がみつかれば胃カメラをするというパターンになります。

銀座のホワイトニングの口コミ関連情報を紹介しています。

また健康診断でなく胃の調子が悪い時にも胃カメラをして胃の内部に異常がないかを見てもらいます。


さて胃カメラが苦手な人が多いのですが、それは喉を通過するときに自分で「飲み込む」必要があり、その時に吐き気を催すことがあるからです。

有楽町の歯科情報について詳しく解説しております。

そのようにならないように先に喉にゼリーのようなものを飲んで麻酔をするのですが、少しでも効き目をよくするための麻酔の仕方にコツがあります。

それはすぐに麻酔薬を飲みこむのではなく、少し上を見ながらゼリーをできるだけ口の奥の方に溜めておき長めに含んでおくと麻酔の機器がよくなって、咽頭反射が少しましになります。

銀座のメディカルダイエットを理解するには正しい知識が必要です。

そして物を飲みこむイメージをしながら飲み込む動作をしておきます。

すると食道の入り口が広がって飲み込みやすくなります。

もう一つポイントがあり、それは唾を飲みこまないことです。

口の中に溜まっていくつばを飲み込むと気管には行ってむせるので検査ができなくなります。
つばは外に吐き出すようにします。

最近は鼻から入れる胃カメラもあります。


経鼻内視鏡と言いますが、口から入れるように吐き気がしにくく苦しくありません。

銀座でホワイトニング情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

また検査中に会話ができるというメリットもあります。

鼻の穴に入れるときや鼻の後ろを通って喉を通過するときに多少の違和感はありますが、それにも麻酔があるので楽に行うことができます。


そして経鼻内視鏡を上手に受けるためのコツもあります。
まずは鼻に入れる麻酔を入れるときに吸い込まないで流し込むようにしていれることです。それから鼻に管を入れるまでは落ち着いて鼻ででゆっくり呼吸をします。検査中は唾を飲みこまず吐き出すようにします。

この3つのポイントを抑えておけば経鼻内視鏡を痛くなく楽に受けることができます。

さらに最近は軽い鎮静剤を使用してうとうと眠らせてその間に検査をするという方法をとっている病院もあります。検査後覚醒するまですぐには帰れないということはありますが、傷みも苦しみもなく受けられれば負担が少なくて済みます。

いずれの方法にしてもバリウムを飲んでレントゲンをするよりも詳しく胃の中の様子を知ることができます。

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_book/9784834401301.html
http://girlschannel.net/topics/396421/
http://allabout.co.jp/gm/gc/299424/